少数派な阪神ファン

生え抜き外様関係無し、上手い選手をせっせと集め、チームが勝てばそれでよし
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク
27
2017

宮崎県で行われている「フェニックス・リーグ」で阪神・原口がツーラン・ホームラン

宮崎県でフェニックスリーグ開催中。




阪神からの参加選手はこんな感じです。

ピッチャー
松田、島本、田面、才木、福永、竹安、守屋、藤谷、青柳、望月、藤波、小野、岩貞、石崎

キャッチャー
原口、長坂、坂本、梅野

内野手
北條、陽川、西田、糸原

外野手
板山、緒方、江越、高山

※ピッチャーの藤谷?どんな選手だったかな・・・知らない、思い出せない。


それは置いておいて、キャッチャーで使い続けてほしい原口。

来年はファーストを取りに行くとどこかで見ましたが、
キャッチャー一本で出てほしい。
少なくとも、原口以上に打てる選手が出て来るまでは。


新人の大山は行ってないのですね。



阪神・原口、左翼席へ2ラン「打った感触は悪くなかった」

(フェニックスリーグ、阪神6-6ハンファ=規定により九回引き分け、26日、生目第二)
「5番・DH」で出場した原口は、3打数1安打2打点だった。一回に1点を奪い、なお二死二塁。
フォークをとらえると、打球は放物線を描き左翼席への2ラン。
「打った感触は悪くなかった。ストレートを待っていた中でいい対応ができました」と振り返った。

サンスポ
http://www.sanspo.com/baseball/news/20171027/tig17102705010011-n1.html

やっぱりホームランが打てないとダメ。

キャッチャーは原口に戻してもらいたいです。

Tag:フェニックス・リーグ

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。